読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月22日 授業内容(後半:photoshopとIllustrator)

*Photoshop(影は左上(135°)からさしている)
*文字にドロップシャドウ(上からの光をつける作業)をつける。
①200pxの四文字熟語を書く(上下2文字 文字はB 文字色:白で)。
 
②文字間の調整をaltを押した状態で十字キーで調整する。

f:id:paris1204:20160223002518p:plain

③レイヤーのfxでドロップシャドウを選択して、距離、スプレッド、サイズ,不透明度で調整する。
*影をずらしたくない時は距離は0にする。
*包括光源をチェックした状態でする。
 

f:id:paris1204:20160223002537p:plain

 

 

写真のドロップシャドウのつけ方

①シャドウをつけたい画像をコピー&ペーストする。

 

②ペンツールもしくはマグネットツール、自動選択ツールなどで影をつけたい対象を囲む。

 

 

f:id:paris1204:20160223014603p:plain

 ②ctrl + Iで選択範囲を反転させ、背景画像をdeleteする。

③画像のレイヤーをコピーし真ん中にあるレイヤーのパスを選んでctrl +クリックでサムネイル表示する。編集→変形→垂直方向に反転で画像を反転させる。

f:id:paris1204:20160223015559p:plain

f:id:paris1204:20160223015245p:plain

 

画像の位置、光の当たる向きを考えた向きを十字ボタン、ctrl + Tで回転できるようにしたりして調整する。

④反転している画像のレイヤーにレイヤーマスクを追加し、グラデーションをかける。

f:id:paris1204:20160223015658p:plain

f:id:paris1204:20160223015718p:plain

 

 

 

 
ネオン文字の作り方

①新規ページを開いて色を線のみにつけて文字を書く。

 

f:id:paris1204:20160224235928p:plain

 

 

②書いた文字をドラッグして文字の線幅を少し太くする。

f:id:paris1204:20160224235942p:plain

 
③書いた文字をコピーして、フロントペースト(ctrl + F)する。
この状態で文字を選択し、線幅を細くすると手前にペーストした文字の線のみ細くなる。
 

f:id:paris1204:20160225000217p:plain

 

④次に手前の文字の線色を変えると細い線と太い線の間にできた隙間に色がつく。

 

f:id:paris1204:20160225000436p:plain

⑤オブジェクト→ブレンドオプションでスムーズカラーを選ぶ。
⑥オブジェクト→ブレンド→ブレンドの作成で完成。
 
 
 

f:id:paris1204:20160225000745p:plain

 
 
色の階層の表示
①上下に長方形を作って違う色を配色する。
下の長方形は上の長方形をalt + shiftで直線状にコピーすること。

f:id:paris1204:20160223003553p:plain

 

②オブジェクト→ブレンドオプションでステップ数を調整する。この時2つの長方形間に同一長方形が収まる程度のステップ数でないとつながってしまうので注意!!
 
③上下の長方形を選んだ状態でブレンド→作成で下のようになる。
1列目の長方形の列を全選択し、横方向にコピーした後で一番上と下の長方形の色を変更すると違うグラデーションを作成することができる。
 

f:id:paris1204:20160223004010p:plain

 
 
*リボンの作成
①長方形ツールで長方形を書き、左の部分に切れ目を入れる。(ペンツールでアンカーポイントを追加する(アンカーポイントを左線をクリックして作成し、ダイレクト選択ツールで内側に狭める))

f:id:paris1204:20160223011624p:plain

f:id:paris1204:20160223011632p:plain

 

②グラデーションツールの色の変更。
真ん中の色を変えるときは表の真ん中下をクリックして、ポインターを追加する。
グラデーションをかける。
 

f:id:paris1204:20160223011700p:plain

 
③長い長方形を作ってコピーし、フロントペーストする。
 
④ダイレクト選択ツールで長い長方形の右端を引っ張って手前の長方形を短い長方形に繋げる。
下の図はアウトライン表示です。

f:id:paris1204:20160223011722p:plain

f:id:paris1204:20160223011855p:plain

 
⑤リフレクトツールで反対側にコピーする。

 

 
⑥オブジェクト→エンベローブ→ワープの作成で形を曲げる。
スタイル、カーブで形を変更してください。

f:id:paris1204:20160223011745p:plain