読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月4日 授業内容( アドビ情報サイト、thi switch,break,onmouseover,onmouseout,onclick)

03-04
ブックマークに登録して時間があるときに見る→アドビの最新情報を調べるとき:①
blogs.adobe.com


Adobe TV



f:id:paris1204:20160305015128j:plain


条件分岐・・・switch文

d.hatena.ne.jp


*イベント駆動型モデル
※ダブルクォートで囲まれた中には、シングルクォートを使う
d.hatena.ne.jp

f:id:paris1204:20160305013900p:plain
f:id:paris1204:20160305013906p:plain
f:id:paris1204:20160305013913p:plain
・switch文で月を判定する

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>switch文で月を判定する</title>
</head>

<body>
<script>
var month;

function season(){
	month=prompt('月を入力してください','1から12の値を半角数字で入力');
	month=parseInt(month);
	
	month=Number(month);//数字に定義することでswitch関数で数字として判定できる。
	switch(month){
		case 12:
		case 1:
		case 2:
		document.write('<h1>冬です。</h1>');
		break;
		
		case 3:
		case 4:
		case 5:
		document.write('<h1>春です。</h1>');
		break;
		
		case 6:
		case 7:
		case 8:
		document.write('<h1>夏です。</h1>');
		break;
		
		case 9:
		case 10:
		case 11:
		document.write('<h1>秋です。</h1>');
		break;
		
		default:
		document.write('1から12の値を入力してください。');
		
		}//switchの閉め
	
	
	}//functionの閉め


</script>
<h1>月別に季節を判別</h1>
<p>ボタンをクリックすると月を入力するウインドウが表示されます。</p>
<p><button onclick="season()">月別に季節を判別する</button></p>


</body>
</html>


・イベント(1)
f:id:paris1204:20160305014226p:plain
f:id:paris1204:20160305014235p:plain

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>イベント(1)</title>
</head>

<body>
<p><img src="img/01.jpg" alt="#" onmouseover="console.log('マウスが乗りました');"
onmouseout="console.log('マウスが外れました。')"></p><!--※ダブルクォートで囲まれた中には、シングルクォートを使う-->

<p><img src="img/01.jpg" alt="#" onmouseover="this.src='img/01_o.jpg'"
onmouseout="this.src='img/01.jpg'"></p><!--http://d.hatena.ne.jp/web-0818/20160421/p1-->
</body>
</html>


*演習と確認テスト - 基礎からイベント(筆記問題)
参照:d.hatena.ne.jp



*関数
d.hatena.ne.jp