読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月8日 授業内容 (配列、二次元配列、チェックテスト②、連想配列、)

d.hatena.ne.jp


f:id:paris1204:20160308234835p:plain
↓arrayの中は下記
f:id:paris1204:20160308234919p:plain

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>配列</title>
</head>

<body>
<script>
var num=[10,100,1000,10000];//配列に関する数値は必ず[]←ブラッケトで囲む
console.log(num[2]);//0番目が一番初めの順序なので1000が2番目の値として表示される

</script>

<script>
var fruits=['りんご','みかん','もも','ぶどう'];
console.log(fruits[0]);//0番目からのカウントなので3番目はぶどうになる
</script>

<script>
  var number = [ 10, 20, 30 ];
  number[1] = 50;
  console.log(number);//1番目に50が上書きされることによって表示は10,50,30になる。
</script>

<script>
  var number = [ 10, 20, 30 ];
  number[3] = 50;
  console.log(number);//3番目に50が新たに代入されるので表示は10,20,30,50になる。
</script>

<script>
var number=[  ];
number[0]=10;
number[1]=20;
number[2]=30;
number[3]=40;
number[7]=100;

console.log(number);//*表示したときに”:”があるとその配列は連続していないことを表す

</script>
<script>
var number=[  ];
number[0]=10;
number[1]=20;
number[2]=30;
number[3]=40;
number[7]=100;

console.log(number.length);//飛びぬけた部屋の数(欠番)も数えるので表示結果(0番目から7番目)は8になる
//number.lengthは数値の数を表す

</script>
</body>
</html>

f:id:paris1204:20160308235205p:plain

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>2次元配列</title>
</head>

<body>
<script>
var number = [ [ 10 , 20 , 30 ] , [ 40 , 50 , 60 ] ];
  console.log(number[0][0]);
  console.log(number[0][1]);
  console.log(number[0][2]);
  console.log(number[1][0]);
  console.log(number[1][1]);
  console.log(number[1][2]);

</script>
</body>
</html>

d.hatena.ne.jp

f:id:paris1204:20160308235650p:plain

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>連想配列</title>
</head>

<body>
<!--http://d.hatena.ne.jp/web-0818/20160503/p1-->
<script>
var favorites={
	food:'カレー',
	color:'青',
	number:7
	};//連想配列の初期値はカールブラケットで囲むこと
	
	console.log(favorites.food);
	console.log(favorites.color);
	console.log(favorites.number);
	
</script>

<script>//《ブラケットを使った要素の参照》
  var favorites = {
    food : 'カレー',
    color : '青',
    number : 7
  };
  console.log(favorites['food']);
  var key = 'food';
  console.log(favorites[key]);
</script>

<script>
  var favorites = {
    food : 'カレー',
    color : '青',
    number : 7
  };
  favorites.sports = 'サッカー';  //要素が追加される
  console.log(favorites.sports);
</script>


</body>
</html>


オブジェクトとプロパティとメッソッド
オブジェクトとプロパティとメソッド - Webデザインの勉強 | Webサイト制作科 1月20日開講クラス



組み込みオブジェクト

d.hatena.ne.jp


f:id:paris1204:20160309000136p:plain
f:id:paris1204:20160309000142p:plain

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>Dateオブジェクト(連想配列)</title>
</head>

<body>
<!--http://d.hatena.ne.jp/web-0818/20160509/p1-->

<!--//オブジェクト=連想配列-->
<script>
var d=new Date();//newキーワード(演算子)を使い、新しいオブジェクトを作成する。ここから今日に関する情報を抜き取る
document.write('<h1>');
document.write(d);
document.write('</h1>');

</script>
<br>
<script>
var today=new Date();//全ての情報がtodayの中に入っている//下でこの情報を分配している
var d='今日は、' + today.getFullYear() +'年' + (today.getMonth() + 1) + '月' + today.getDate() +'日です。';
document.write(d);//getMonth() + 1   と入力するのは1月を0番目、2月を1番目とするため1を足さないと正しい月が表示されない
console.log(d);
</script>
<br>
<script>
var d = new Date();
var y = d.getFullYear();
document.write( '今年は、' + y + '年' );
</script>
<br>
<script>
var d = new Date();
var mt = d.getMonth() + 1;
var dt = d.getDate();
document.write( '今日は' + mt + '月' + dt + '日' );
</script>
<br>
<script>
var d=new Date();
var h=d.getHours();
var m=d.getMinutes();
document.write('今は、' + h + '時' + m + '分です。');
</script>
</body>
</html>

f:id:paris1204:20160309000240p:plain

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>曜日の区別</title>
</head>

<body>
<!--http://d.hatena.ne.jp/web-0818/20160510/p1-->
<script>
var d=new Date();
var day=d.getDay();
if(day===0 || day===6){//0番目は日曜日、6番目は土曜日
	document.write('<img src="img/hday.jpg">');}
	else{document.write('<img src="img/wday.jpg">');
	}

</script>

</body>
</html>