読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月27日 授業内容②(PHP(名簿出力、連想配列の使い方、(日付や時間の処理(php教科書P160〜P182まで)))Wordpress(akismentのプラグインを有効化する(スパム対策)),WP Social Bookmarking Light(SNSのロゴ表示などの設定,All In SEO Packgeの役割と使い方,お問い合わせフォームプラグイン(Contact Form 7)の使い方))

名簿出力

f:id:paris1204:20160527173042p:plain

<?php 
$data=array('山田太郎','横山花子','田中一郎','山本久美子','鈴木次郎','星山裕子','佐藤勝男');
?>


<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>名簿出力</title>
</head>

<body>
名簿には<?php echo(count($data));?>人が登録されています。
<ol>
<?php
foreach($data as $d){
	echo '<li>'.$d.'</li>'."\n";
	}

?>
</ol>
</body>
</html>



連想配列の使い方
今回使用した新しい言葉
f:id:paris1204:20160527175144p:plain

f:id:paris1204:20160527175152p:plain

f:id:paris1204:20160527175200p:plain

f:id:paris1204:20160527175215p:plain




f:id:paris1204:20160527182148p:plain

<?php
//連想配列変数$juiceの宣言と初期化
$juice=array('500ml'=>4,'1000ml'=>1,'20ml'=>2,'50ml'=>3)//左側がキー、右側が値
?>

<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>連想配列の使い方</title>
</head>

<body>
<?php 
//キーを昇順にソートします
ksort($juice,SORT_NUMERIC);//ksortは配列をキーでソートするという意味(mlの小さい順に並べる)
//SORT_NUMERICは指定した変数が数値であるかを調べる
var_dump(array_keys($juice));

echo '<br><br>';
//各変数に代入します
list($kekka1,$kekka2,$kekka3,$kekka4)=array_keys($juice);//list — 配列と同様の形式で、複数の変数への代入を行う
//array_keys — 配列のキーすべて、あるいはその一部を返す
echo $kekka1.'<br>'."\n";
echo $kekka2.'<br>'."\n";
echo $kekka3.'<br>'."\n";
echo $kekka4.'<br>'."\n";

//上の書き方は
//$key_num=array_keys($juice);//array_keys — 配列のキーすべて、あるいはその一部を返す
//echo $key_num[0].'<br>'."\n";
//echo $key_num[1].'<br>'."\n";
//echo $key_num[2].'<br>'."\n";
//echo $key_num[3].'<br>'."\n";

echo '<br><br>';
//値を昇順にソートします
$ret=asort($juice,SORT_NUMERIC);//値を小さい順に並べる


var_dump(array_values($juice));
echo '<br><br>';

//各変数に代入します。
list($kekka1,$kekka2,$kekka3,$kekka4)=array_values($juice);
//array_values — 配列の全ての値を返す

echo $kekka1.'<br>'."\n";
echo $kekka2.'<br>'."\n";
echo $kekka3.'<br>'."\n";
echo $kekka4.'<br>'."\n";

//上の書き方は
//$value_num=array_keys($juice);//array_keys — 配列のキーすべて、あるいはその一部を返す
//echo $value_num[0].'<br>'."\n";
//echo $value_num[1].'<br>'."\n";
//echo $value_num[2].'<br>'."\n";
//echo $value_num[3].'<br>'."\n";


?>

</body>
</html>

f:id:paris1204:20160527184348p:plain

<?php
$present=array('長崎'=>'チャンポン','名古屋'=>'手羽先','沖縄'=>'泡盛');//左側がキー、右側がバリュー
$food_key=array_keys($present);//キーを取得
$food_data=array_values($present);//値を取得

echo $food_key[0]."<br>\n";
echo $food_key[1]."<br>\n";
echo $food_key[2]."<br>\n";

echo '<br><br>';

echo $food_data[0]."<br>\n";
echo $food_data[1]."<br>\n";
echo $food_data[2]."<br>\n";

echo '<br><br>';


for($i=0;$i<count($present);$i++){//カウンター変数で個数を取得
echo $food_key[$i].'の名産品は、「'.$food_data[$i].'」です'."<br>\n";
}

echo '<br><br>';


echo '<table>';
for($i=0;$i<count($present);$i++){
echo '<tr><th>'.$food_key[$i].'</th><td>'.$food_data[$i].'</td></tr>'."\n";
}
echo '</table>';
?>


日付や時間の処理

f:id:paris1204:20160527191637p:plain

<?php
echo date("Y年m月d日");
echo date("H時i分s秒");
?>


Wordpress(akismentのプラグインを有効化する(スパム対策)為の手順

wordpressにログインし、プラグイン→インストール済みプラグインに入る。

②akismentの有効化を押して新規でアカウントを作成する。
プランは仕事でない限りはbasicにする
f:id:paris1204:20160527194604p:plain

f:id:paris1204:20160527194612p:plain

③最後の方にAkismet API keyが出てくるのでコピーして、もう一度プラグイン→インストール済みプラグインに入る。
akismentアカウントを有効化→Akismet API keyを入力して有効化する。→変更を保存を押して設定OK.

wordpress複数管理している場合、同じAkismet API keyで他の設定もできる。





WP Social Bookmarking Light(SNSのロゴ表示などの設定)

WP Social Bookmarking Light の設定方法


All In SEO Packgeの役割と使い方
f:id:paris1204:20160527201834p:plain
All in One SEO Pack の設定方法と使い方




★お問い合わせフォームプラグイン(Contact Form 7)の使い方
Contact Form 7 の使い方